TAMATAMA日記

体育・スポーツや教育にかんしてかんがえたことを中心につづっていきます。研究会の情報も案内していきたいとおもいます。

村上さんの小説

いまになって、いろんな自分の幅をひろげるこころみをはじめている。

 

経済的な安定(雇用形態は不安定)、精神的余裕(7年かけた大きなノルマからの解放)などがあって、いよいよ、というか、よ〜やく、あたりまえの生活ができてきた、ということ。

 

これまでどれだけの時間をついやしてきたのかがよくわかる。

 

さて、今回は田崎つくるが主人公の村上さんの小説をよんでみた。

 

1日100ページをめどに、4日でよんだ。

 

じっくり、あじわった。

 

う〜ん、さすがでした。おどろきと発見ばかりでした。

 

1つめ、

 

結論がないけれど、その過程で様々な田崎つくるのことがかかれているから、それでよいとおもった。

 

仕事柄結論がしりたくなってしまうのだが、そのプロセスの密度がこかったら、それでいい世界があるんだな、そういう地平をこの小説はひらかせてくれた。

 

その先の出来事は、田崎自身しかしらない、ということ。でも、その田崎がこの先どう生きていくのかは、物語の過程で十分にしめされている。

 

おわりはだれにもきめられない、連続的な生のありようをみせつけられた。

 

まなびの過程をみるときにも、こういう視点って大事かも。

 

授業の中で生起する様々な葛藤・矛盾、喜び・感動は、どこかで子どもたちの明日をつくりだしていく材料になっている。

 

2つめ、自分の中の歴史とむきあうこと。

 

これは、結構しんどい。

 

だが、小説では、まず、自分の中の歴史が、今の生き方に反映されている事実に、あらためてきづかされるところからはじまる。

 

どこかで過去の事実をみんなせおっていきているのだ。

 

そして、そのこととむきあわなければ、他者と心をかよわすことはできないと指摘をされ、巡礼の旅にでる。

 

そこまでの葛藤やとまどい、巡礼中の逡巡など、過去の事実とむきあう過程の、なんと複雑なことか。そう簡単ではない。そういうことを村上さんはよくえがいている。

 

さらに、私のよみ、だが、田崎つくるは、巡礼の旅をおえてなお、自分の問題を解決していないようにおもえた。

 

過去とむきあうことは、その覚悟とともに、時間が必要なのかもしれない。むきあいかたもそのときの状況によって変化もするだろう。

 

このくだりで、感動したのは、傷と傷で、人はつながっている、という示唆だ。なるほど、そういう面は往々にしてある。人がつながるとは、よわいものが、ささえあい、でも、だからこそ、安心をもって自分をそだてていける環境をつくることなのかもしれない。

 

3つめ、現代社会がみえる。

 

今回は、現代社会を生きる人をえがいた、ということもあり、多分に共感できる世界観であった。だから、まだもやもやしている。自分もまた、田崎つくるなのだなぁとじわりとかんじる。

 

どこかすっとこの小説をふりきることができない。

 

このもやもや、どうしようかな。

 

でも、整理するまえに、次の小説にむかおう。

 

やっぱり、ところどころの表現がおもしろい。

 

小説、これまで宮部さんのものとか、何冊かよんでいたけれど、あらためて、表現がおもしろい。それ自体がたのしい世界がある。

 

今日は本屋にいくぞ〜、どんなであいがあるだろう。

f:id:think-for-themselves:20180911092237j:plain

長野でたべた岩魚♪ 左上にちらっとみえる、焼酎の蕎麦湯わりがうまイ!