TAMAKOSIの日記

体育・スポーツや教育にかんしてかんがえたことを中心につづっていきます。研究会の情報も案内していきたいとおもいます。

学生の声をうけて

学生から、トレーナーに進むうえで、ちゃんとしたプログラムがほしい

 

という要望がでた。

 

 

たしかに、教職はしっかりしているけれど、トレーナー関連はあまりプログラムとしてはしっかりしていない印象をうける。

 

また、クラス担任制のところなので、1年生でもそういう道へ希望する方もいる。

 

となると、まずは、サークル化まではいけないかもしれないけれど、定期的に活動する学習組織をつくるほうがよさそうだとかんじた。

 

そこで、学習会をつくるのだが、なにぶん、知識がない。

まずはあつまって、情報収集からはじめようとおもう。

 

たぶん、

・マッサージ

・ストレッチ

・テーピング

・トレーニング補助

この実学の基礎を学び合う、というのが一番の内容になるのだろうか。

 

また、指導者をめざす方もいる。

そこで、

・資格の種別の理解

・労働イメージの構築

ができるような情報収集も必要になる。

 

どんな種別においては、どういう実学が関連してくるのかも吟味していこう。

 

ただ、学生たちもいそがしい。

 

そこで、「最善」とは、自分の優先順位をきめたうえで、できる範囲でとりくんだ結果のことをいう、とかんがえていこう。

 

活動水準をみきわめつつも、まずは、無理のない範囲で、最善をめざしながら、前にすすんでいくことが大事。

 

やりたいことにむけて、情報収集する学びの方が、かれらにとって学びの復権におおいに寄与してくるだろうと、ねがって。