TAMAKOSIの日記

体育・スポーツや教育にかんしてかんがえたことを中心につづっていきます。研究会の情報も案内していきたいとおもいます。

遠泳について③

今日は

 

 

和大の遠泳を観察学習しにいった。

 

上級生が下級生を指導し、プログラムも遠泳係が作成することになっている。

 

ほぼすべてにわたって自治的な学習が組織されている。

 

どうも、授業科目として上級生が下級生を指導することが設定されていたようだ。

 

なるほど。

 

それだったら、みな学習として自治を実践しますね。

 

 

また、遠泳をみてまずおもったのは、泳力がたかいこと。

 

ながく、ゆったり泳ぐ泳法で余裕をかんじられた。

 

その背後にはしっかりとした練習があった。

 

おどろいたのは、水泳が必修であることにくわえ、

 

遠泳の1か月前から毎日5時間目に泳法の練習をするそうだ。

 

泳力の高さを納得した。

 

だから、遠泳を無事達成することだけでは、かれらの学びにとっては十分ではないだろうなとおもう。

 

海の知識やバディシステムなどをより深く理解し、実行することまで高度な要求をしていってもよいのではないか、とかんじた。

 

ちなみに、前日は、たってこぐボード、カヌー、スキューバダイビング等のマリンスポーツを経験されているよう。

 

だから、きっと満足度はたかい授業だとおもう。

 

また、参加者自治の準備・運営のため、サイズがあわず、道具が一部使用できなかったり、おしるこの小豆をかいわすれたりとプチトラブルが発生していた。

 

でも、それが学びになるところが、自治のよさ。

 

さて、実際にドル平的な泳法を本格的にみたのははじめてであった。

 

同僚の話では、足の甲でけるのは、もしからだが縦になったときにういていられないというデメリットがあるため、ドル平は海にはてきさないとのべていた。

 

なるほど。

 

ただし、初心者泳法として、らくにながくおよぎ、遠泳を達成する意味では、てきしているだろうなとみていておもった。

 

また、ドル平だと海の中にもぐることになるので、安全管理上、問題があるとのべてもいた。

 

これについては、和大の方法は、3人のバディが、1、2、3でもぐり、トーンと1回水中でのびる。これをサイクル化して、同様の行動をとることで、互いの状態を把握していた。それに、のびながらも横目で相手の位置を確認していた。

 

それでも、波が高い場合は、やはりてきさないのだろうか、疑問におもった。

 

また、もぐらないで顔をあげつづける平泳ぎであれば、疲れやすく、背浮きをして休憩をする必要があった。でも、ドル平だと、背浮きをする必要はなさそうであった。やはりのびている間にからだをリラックスさせるし、無理のない体勢をとれるからであろう。

 

そうかんがえると、遠泳の安全管理も、なかなか複雑である。

 

ある方法を採用すると、ある問題が発生するから、それを解消する方法をかんがえる。それらがあわさって総体としてどれだけ安全かどうかが問われるのだろう。

 

他にも上級生の浮き具をもってサポートする様子など、多くのことが参考になった。

 

同僚にはなしをするのがたのしみである。

 

担当の方々、実習生の方々、ありがとうございました。

無事に完泳できてよかった。