TAMAKOSIの日記

体育・スポーツや教育にかんしてかんがえたことを中心につづっていきます。研究会の情報も案内していきたいとおもいます。

体育授業を考えるシンポジウム実践!?の巻

ちょっとおもしろかった取り組みを紹介。

 

 

中・高の体育教員養成課程の演習科目の授業で学生たちにシンポジウムをしてもらった。

 

なづけて、

 

すぐれた保健体育教師の大討論会

 

テーマは、

 

バレーボールの授業づくりで大切にすることは何か。

     4人のすぐれた実践家に学んで

 

である。

 

すぐれた保健体育教師とあるが、実際にその人たちをよぶわけではない。登壇するのは、学生である。

 

4回の授業にわたって、すぐれた保健体育教師のバレーボールの指導系統を追体験し、その上で、上記のテーマについて、4人の指導系統の共通点と相違点をみちびきだしながら議論していく。

 

4人とは、

 

1、長野の小山さん

2、兵庫の殿垣さん

3、熊本の佐藤さん

4、宮城の矢部さん

 

である。

 

スパイクを中心とした指導系統が佐藤さんと殿垣さんで、佐藤さんは特に戦術的な攻防を徹底的に学習の対象にした指導系統である。教材を改変している点も参考になる。

 

そして、ラリーを中心とした指導系統が小山さんと矢部さんである。2人を比較しておもしろいのが、3年目のカリキュラムの相違である。小山さんは自分たちでバレーボールの練習・大会を運営する。矢部さんは自分たちのバレーボールをつくる。ここには出口像の違いがある。これはシンポジウム後に少し解説をする。

 

もちろん、この違いがみえるように司会役に事前指導している。

 

議論を重ねる中で、指導系統の力点はスパイクかラリーかと、わけられるが、指導内容としてはどちらも「意図的なスパイクを含むラリー」を追求していることがみえてくる(ように司会役に事前指導している)。

 

4人の指導系統を学ぶ際、欠席回数が多い人順に講師役をつとめてもらった。

 

1人の指導系統に約3人の人を講師役にした。

 

実践記録をわたし、よんできてもらい、90分の授業の流れを事前につくり、それをチェックし、実践する。

 

そして、シンポジウムでは、講師役の中から1人代表者をだして登壇する。

 

もちらん、シンポジストとフロアの人にはディスカッションが成立するように事前に考えをまとめるワークシートをわたし宿題にしておく。

 

当日は、

 

司会役:今日のシンポジウムのテーマは〜〜〜です。シンポジストの紹介

 

小山役の学生:長野の小山です。

殿垣役の学生:兵庫の殿垣です。

・・・

 

といって、まさに本人になりきって登壇してもらった。

 

本人になりきるから、資料をよみこんで、かかれていないニュアンスもくみとってフロアからの質問にこたえられるようにしてね、と無茶振りをしておいた(笑)

 

司会役も進行を工夫してくれ、うまい子からみてラリー中心の指導系統ではスパイクがあまりなくてつまらないのでは、へたな子からみて、スパイク中心の指導系統では課題が高く、困難さがあるのではないか、と疑問をなげかけたあと、

 

司会役:以上のようにバレーボールの指導では克服すべき点がありますが、それぞれのシンポジストはどのような問題のある授業をのりこえるために、どのような指導系統を考えて実践しているのかを紹介してください。

 

とつづき、

 

小山役の学生:私は・・・・。

殿垣役の学生:私は・・・・。

・・・

 

とそれぞれがこたえる。

 

その後、司会からの質問やシンポジスト同士の議論がおこなわれた。

これがおもしろかった。

 

講師役を経験し、自分が指導系統を指導していることもあって、よく理解した上で、他の講師役に質問や問題提起をなげかけている。

 

そして最後にフロアもまじえて、自由な質疑応答とテーマにそった議論をする。

 

あ、今おもったら、グループワークなどをさせてもよかったかもなぁ。

 

本物にあいたいなら夏大会に参加を、と次の授業で声かけないとなぁ。

 

学生たちものりきで、おもしろかったので、

 

来年もこのとりくみをパワーアップさせて、やってみたい。