読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAMAKOSIの日記

体育・スポーツや教育にかんしてかんがえたことを中心につづっていきます。研究会の情報も案内していきたいとおもいます。

体育の学会に参加して

 

先日体育の学会があったのだが、刺激的であった。

 

友添さんが知識=「わかる」とする見方を転換するべきではないのか、という問題提起をおこなっていた。「わかる」「できる」「かかわる」といった枠組みで体育実践の目標像が描写されることがおおい。

 

しかしそこでの「わかる」を知識、としてしまうと、運動のポイントを理解するという1側面に矮小化されてしまい、理解した知識を活用・応用して新しい作戦や方法を考え出していく学習が軽視されてしまうのではないか。

 

また知識=わかる、とすると思考・判断の中にわかるは含まれないのか、といった疑問も出てくる様子。評価との関連で文言は規定される必要があるため、どうも知識=わかる、思考・判断=考える、といった区別をすればいいということではなさそう。

 

ちょっと横道にそれたが、「活用・応用」が語りきれないのでは、という危惧があるのではないかなとおもう。

 

一応ふれておくとアクティブラーニングとか探究的学習、あるいは拡張的学習を展開する上では既存の認知的枠組みでは十分に構造を説明できないのではないか、ということなのであろう。

 

「わかる」ってなんだ?と、認識の形成を大事にしようとする実践家なら1度は考えたことがあるだろうし、近年のコンピテンシーベースのカリキュラムでは認識方法の発展として知識、理解、活用といった段階が語られるようになってきた。

 

それに、「わかる」「できる」「かかわる」という3つの要素を考えて授業づくりをすると、どうしても幅広い認識活動がとわれてくる。

 

たとえば、考えて、なんらかの方法をみちびきだすとか、友達の能力・発達に適応させた助言をする、とか、失敗した原因をさぐり、新たな方法を仮設し、実際に試行して、確かな方法を特定する、といったように。

 

つまり、広義の意味で認知という概念が使用されるように、「思考・判断」も単純に「考える、選択・意思決定」といった部分的なものとして使用せずに、広義の意味をもつものとして考えるか、もしくは有山さんがいったように違う概念で規定するのがよいだろう。

 

とはいえ、まずは体育実践(まずは運動学習)で必要とされる認知過程を認知心理学などの知見を参照しながら、どのように叙述することができるのかを考える必要がありそう。

 

ぼんやりともっていた課題意識に光をあたえてくれた指摘だったなとおもう。