読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAMAKOSIの日記

体育・スポーツや教育にかんしてかんがえたことを中心につづっていきます。研究会の情報も案内していきたいとおもいます。

年のとりかた

桂三枝さんの落語、唐獅子牡丹を視聴していたらふと2つの話をおもいだした。

 

 

1つは

 

ある92歳のおじいさんが、おばあさんが「もう90になります」といったことにたいして「歳は自分からとりにいくもんじゃない、まだ90だ」といっていた。

 

こと。

 

なるほどなぁ〜とおもった。強引さはあるけれどおもしろい考えだとおもった。

 

あと、坪井さんの退官記念講演で、私は65なんてはじめてのことです。いつまでも初体験なんです。といっていたこともおもいだした。

 

こちらもなるほどなぁ〜そういえば64だともうすでに経験しているもんな、でも65は初体験、新入り。

 

そうやって歳をごまかし、いいきかせながら人間って生きていくんだなとふとおもった。

 

玉とる必要はなくなったけど、香典とられるがな、なんて、いつまでも現役でいる高橋さんにも、なんか哲学があるのかも。

広告を非表示にする