読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAMAKOSIの日記

体育・スポーツや教育にかんしてかんがえたことを中心につづっていきます。研究会の情報も案内していきたいとおもいます。

愛知支部3月例会メモ・低学年シュートボール

愛知支部の活動

ちょっと忘れないうちにメモをしておきたい。

 

愛知支部3月例会である。2015年3月22日に開催された。

 

 

内容は小学校1年生と2年生のシュートボール実践であった。

 

小学校1年生のシュートボール実践。

 

時間は9時間である。2:2のみをしている。

 

実践記録をみるとしっかりと実践のねらい(目標)が示され、授業経過がわかりやすく、さらに総括もしっかりされている。

 

で、2:2というのは次の戦術がもとめられる。

 

①(ディフェンスがマンツーマンなら)1:1の状況でディフェンスをフェイントによって判断をまよわせ時間のずれをつくりすかさず空いた空間からシュートをうつ。

 

②でも、1:1での突破がむずかしければ、ペアの子とパスをする。反対側への山なりパス、バウンドパス、ダイレクトパス、リードパスなどがある。しかしこのとき、レシーバーとなるペアの子もマンツーマンでついてくるディフェンスをフェイントで逆サイドにひきつけてレシーブ空間を確保する必要がある。つまりイーブンナンバーの場合は2人でコンビネーション空間を創出することがグループ戦術課題となっている。

 

③で、基本は上記の作戦を指導したい。なぜならハンドボールへと発展するならば、②のコンビネーションを習熟させたいからだ。ただしそうなるためには1:1からの指導系統が必要である。投げる方法(技術)の学習、1:1で相手をかわしてシュートする方法(個人戦術)の学習が必要なのである。それがむずかしいので、やはり出現するのが「ぐるぐる作戦」である。円の外をぐるぐるとまわってディフェンスがついてこれなくなったところをシュートするのだ。この発展が「ぐるぐる手渡し作戦」となる。ハンドボールではもちろん手渡しパスが有効となるので、この作戦も大事にしておきたい。

 

で、1年生の実践では2:2だけだったので習熟が心配だった。でもまず興味深かったのが、1年生の子が2:2をやる1回目の授業の感想文ですでに作戦としてパス作戦を記述してきたことだ。つまり認識能力の高い子はすでに戦術的思考をもっている。しかし、パス作戦はうまくいかない。キャッチができず、またうまくパスをだすことができないのだ。そこでパス作戦がうまくいくためにキャッチやパスの方法をみんなで考えていく学習を組織していきたいところである。

 

今回の実践ではパスをレシーブする位置が学習内容となっており、写真をみるとそれがみんなわかっていた。パスをもらえればシュートできる位置にはいた。でもパスやキャッチする動作(技術)の「わかる」ポイントを共通理解していなかったために、習熟がうまくいかなかったのだ。

 

※ここできになったのが、この子どもの感想文の後半では「○○ちゃんにパスをしてあげた」と記述してきたことだ。前半では客観的な戦術(作戦)としてパス(コンビネーション)を想起させたのであるけれど、その後パスの指導がはいってからは「うまくいかないのにパスする必要がある」という矛盾がうまれ「おなさけパス」の状態がうまれているのである。「できる」ことと「わかる」ことが統一されなければ「おなさけ」や「必要のないプレイ」が出現することになる。体育の重要な実践課題であろう。

 

もう1つ、シュートボールはシュートプレイとその場面をめぐる学習内容に注目させることでハンドボール型のおもしろさであるなげによるシュートを味わうとともに、シュート場面をめぐる攻防関係を学習することにある。その学習内容とは「いかにノーマークでシュートできるか」と「キーパーがいる状態でのシュートの仕方」である。

 

シュートボールの発展はハンドボール型だ。今回は円内にキーパーが2人いた。これはシュートボール教材が一人歩きした例だともいえる。シュートボールは何を教える教材なのかをもう一度吟味しておきたい。キーパーが2人いては「ノーマークでシュートをする」=「キーパーとの1:1」という状況にならないのだ。

 

ところで、ハンドボール 型に発展するということをもう少し整理して実践計画をくみてる発想が必要だ。

 

ハンドボールのおもしろさは、ゴール前にキーパーの空間があるということである。そしてぐるぐる作戦のようなプレイを禁止するために、オフェンスの攻撃機能がつよすぎるために、ドリブルが導入されている。となると、

 

1年生(シュートボールなげるたのしさ→シュートするたのしさ→1:1→2:1)

2年生(シュートするたのしさ→1:1→2:1→3:2もしくは2:2)

 → ここで、円形のディフェンスゾーンを制限していく必要があるのではないか?

   2年生ではシュートボールからラグハンドに近づく。

3年生 ラグハンド

4年生 ラグハンドからのハンドボールに近い形に

5年生 …

 

という感じではどうだろうか。

 

次の報告は2年生のシュートボールであった。

 

この実践はかなり力のいれた実践者のこだわりをもったものである。

 

そういう意味で、絶賛された。

 

実践者のねらいはシュート空間をみつけてシュートすることがメイン。子どもの必要(声)を大事にして感想文から重要だと思われるポイントを通信にまとめかえしている。

 

事前学習として兵庫支部の研究をまなんでおり、2年生ではパスではない2人のコンビネーションを位置づけている。つまり失敗したこぼれ球をひろってシュートという段階である。

 

モンスターの絵を段ボールにはりつけてやっつけるストーリー化された的あてゲームで投げる動作(技術)のポイント学習ののちに、2:1、2:2に移行していた。たしか。

 

で、興味深かったのはやはり子どもたちはパスを発見し活用しようとしていたことだ。

 

またパス作戦が結構成功していた。作戦を地面にかきだすこもでたために、教師から作戦カードをわたす。すると様々な作戦がでてきた。

 

でも今回のねらいは「すきをみつけたらシュート」であり、作戦やコンビネーションの学習は子どもたち自身の思考の発展にゆだねた。

 

議論ではまずそうした教師のねらいと教師の働きかけの関係を整理することが中心となっていった。これまでの議論では一方的にここが足りない、ここの戦術・技術指導をゆたかにすべきではないかとうったえ、じゃあどういう学習内容が措定されるのかとみんなで考えていく場合がおおかったのであるけれど、今回はちがった。

 

実践者のねらいと指導の関係をみながらどこに焦点をあてて議論をするかをまず整理しようとしたのだ。その意味で、今回はいつもよりもよかったとおもう。まずは実践の成果と課題をねらいに応じて確認しようとしたからだ。

 

実際に子どもたちはとってもたのしみ、横でみていた他クラスのこもやりたいといったり、他の教師たちも子どもの主体的な学習に驚いていた。うまくなっているのである。

 

で、ここまで確認されたところで、時間がきれた。でも最後にある方がいった「いかにノーマークをつくりだすかっていうところがポイントになるんじゃないか」。そうなのである。

 

今回のねらいは「いかにすきをみつけてシュートするか」という1:1のポイントが中心となっていた。それには兵庫支部の研究を参考にして2年生ではパスのコンビネーションを意識的に指導することはなかったことが影響している。

 

なら、そのポイントは本当にただしかったのか、という吟味が必要だ。

 

で、飲み会に突入して、やっぱり、1;1のポイントがわかり、技能がたかまってきたときに、課題を「ノーマークでシュートする」ことにすくいあげていくことが必要だったことが確認された。

 

おそらく丁寧に系統的指導をすれば、パスのコンビネーションができるようになると自分は考えている。でもそれをまだ実証してはいない。

 

これまで大貫さんたちが提案集で実験的実践をおこないその成果を公表している。ならば、ここまで実践研究をつんだ愛知からも低学年でパスのコンビネーションを教えられると主張し、その条件とあわせて実証していく段階にきているのではないか、とおもう。

 

詳細な授業過程については。またいつか追記しておきたい。

 

 

 ちなみに、かつてシュートボールにとりくんだやすたけさんから、フープボールの実践を紹介してもらった。それはシュートボールとラグハンドの中間だそうだ。先行文献にあたる必要もできた。