読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAMAKOSIの日記

体育・スポーツや教育にかんしてかんがえたことを中心につづっていきます。研究会の情報も案内していきたいとおもいます。

体育理論・スポーツ・運動文化

雨だと思ったけど、晴れた、けど、歴史の授業に挑戦:フラフト編

おかしい。先週から昨日の朝まで、金曜日の天気予報は雨であった。 しかし、昨日の昼に確認をしてみると(そういえば雨でも傘をささないことが多かった自分にとってこんなにも天気を気にするになったのはうまれてはじめて)、 晴れであった。 すでに雨の日の…

金曜日の歴史の授業のために:ベースボール編

今週金曜日は雨となっている。 ということはソフトボールは教室でやらなければならない。 前回雨の日はiPadを使用して、室内練習場で打ち分け・バッティング動作の動作分析を実施したが、まだそれほど時間がたっていないので、同じ手は使えない。 じゃあ、歴…

スポーツと能力観について

広田さんの『教育は何をなすべきか』をよんだ。 きっかけは近年の先進諸国における資質能力の育成をめざす動向をしらべていたときに、引用されていたものである。 大きな本なので、きになったところからよんでみた。 まずよんだのは終章の「ポスト震災の教育…

『たのスポ』12月号からその2

前回狭間論考をよんだことを紹介した。 どんな意見交流がおこなわれたか。 それは、マラソンイベントを発展させる上で見落としてはならない両義性とは何かをさぐることとなった。 「両義性」の概念をつかうということで、OECDのキー・コンピテンシーを想定し…

『たのスポ』12月号から

さて、今回は12月19日に実施した『たのスポ』学習会の様子です。 おもしろい議論でした。 学習会は狭間さんの論考をよんで議論に展開するというものです。 まずは各自で黙読をします。 その後、いいたいほうだいです。 狭間さんって今度冬大会で報告する…

障碍者スポーツにおける公式ルール志向から

藤田さんの本「障害者スポーツの環境と可能性」をよんだ。 いくつか印象にのこったことがある。 その1つが障碍者の方の「公式ルール志向」のつよさだった。 1995年には公式ルールでやりたいとこたえた人の割合は68.6%だったのが、2010年の調査…

自分たちのルールをつくる授業で文化的な特質を理解させる。

11月28日に滋賀県で中学校教員によるバレーボールの実技学習会があり、参加してきました。 ここでなるほどなとおもうことが1点。 それは次のようなことです。 ① 今年度の夏の全国研究大会で議論されたことは次のことでした。 戦術・技術の系統的な指導…

オリンピックにむけたプロパガンダ(羽生選手)

昨日、羽生選手のスケートをみて驚いた。 近年はテレビのない部屋にすんでいるので、羽生選手の演技を視聴することはぱったりとなくなっていた。 なので、1年以上みていなかった。 でも、昨日の演技をみるからに演技の全体構成、ジャンプの正確さ・雄大さ・…

玉木さん『スポーツとは何か』

玉木さんの『スポーツとは何か』をあらためてとりあげたい。 本書は、スポーツの過去と現在を照らし出しながら、未来にむけたいくつかの提案をおこなっている。 (1)「スポーツは文化である」を社会的な共通認識に育てよう! 玉木さんはこれまでの日本スポ…

体育は「担い手づくり」なんだなぁ。

朝目覚め、物思いにふけっているときにふと本棚にめをやると一冊の本が目についた。 玉木さんの『スポーツとは何か』だ。 最近は学校体育の目標である主体者形成論が、現代スポーツの変容とともに再考をせまられていると実感するようになってから、現代スポ…

11月支部例会「体育理論」

土曜日に愛知支部の11月例会が開催されました。 報告は体育理論(教室でする体育)における教科内容の検討ということでした。 若手の研究者の方です。 今回の報告をうけて、体育理論を考えることってめっちゃ大事だなとおもった次第です。 さて、内容の要…

山本太郎議員、国会、オリンピックについて

2015.5.21文教科学・内閣連合審査(東京オリンピック・パラリンピック特措法案) 山本太郎議員が上述の日程で国会質問した全文と動画が以下のページで閲覧できます。国会議員ごとじゃなくてテーマ・問題別で国会質問の情報公開するページがあればすごーく便…

スポーツ?の記事から

最近きになっていたニュースで、いろんな「スポーツ」化が話題になっている。 それぞれの記事にスポーツをめぐる希望と現代的な問題があらわれていると直観。でもふかくは考察せず、メモだけです。 ①1つは、ゴミ収集活動を「スポーツ」としてとりくんでしま…

『たのスポ』特集「運動文化論」をよむ

<①支部ニュース「よもうよ、たのスポ」の原稿> 支部ニュースで『たのしい体育・スポーツ』1・2月号をよむようによびかけてという依頼がきたので、いきおいでつくってみた。 ちょっと中途半端な点もあるけれど、ここにもメモとして掲載しておく。 1.今…

残業代ゼロ法案から中谷さん本へ

うちにはテレビがない。 せめて新聞だけでもとらなければ井の中の蛙になってしまうとおもい、朝日新聞を講読している。 今日は労働政策審議会による「新しい働き方」=「高度プロフェッショナル制度」についての記事がある。 年収1075万円以上のホワイト…

学校体育固有の文化領域は運動文化とかんがえて―運動文化論をまなぶその1―

先日参加してきました体育同志会の研究会にてまなばないといけないなとおもったもの、それは、 運動文化論・・・ いったいこれはなんだろう。 体育同志会にいると運動文化論という話題がでることがあります。 でることがあるというのも,体育同志会が戦後60…