読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAMAKOSIの日記

体育・スポーツや教育にかんしてかんがえたことを中心につづっていきます。研究会の情報も案内していきたいとおもいます。

前期最後の授業・・・

今日は前期最後の授業であった。 科目はバレーとフラフト。 両科目とも、メッセージとしては、「道具やコート、ルールなどを工夫することでいろんなたのしみ方がうまれる」ことを理解してもらい、地域スポーツで実際にバレーやフラフトを組織する際の参考に…

練習方法を学ばせるための指導系統

これまでうまくなるための指導系統を考えてきたときに、 前の学習内容が次の学習内容にふくまれて発展されていくよう構想されることが必要となる。 フラフトなら 1:1でフェイントや相手をひきつける戦術を学習し、 2:1でブロックが出現するとともに、…

雨かぁ〜

明日はやはり雨になった。 月曜日はこれで4回目だ。 50%雨。。 うーむ。 今回は休講にするかどうか本当に悩んだ。 ①学ばせたいと自分がおもっていることを十分に学ばせることができないこちらの立場。 と ②休講の補講を別日に設定させられる学生の立場。…

ちょっと安心:フラフト

これは完全に個人メモである。 フラフトにソフトに、これまでなかなか歴史と実技のまじりあいがおこらなくて、うまくいっていなかったため、足取りがかろやかではなかったのだけれど、 リーグ戦にはいったことで、みんながもりあがってくれてひとまずよかっ…

う〜〜〜ん、思考活動をいれこむ、学ぶ意味がみえる展開、が必要だなぁ。。:フラフト編

フラフトの授業づくりについて。 前回、雨がふったので、3対3にうつるまえに室内で歴史の話をした。 本当は3対3ぐらいになって、ハンドオフがはいって、3回のだましが入る作戦の緻密さを体験してからの方が合理的なイメージがよくわかるし、よかったな…

雨だと思ったけど、晴れた、けど、歴史の授業に挑戦:フラフト編

おかしい。先週から昨日の朝まで、金曜日の天気予報は雨であった。 しかし、昨日の昼に確認をしてみると(そういえば雨でも傘をささないことが多かった自分にとってこんなにも天気を気にするになったのはうまれてはじめて)、 晴れであった。 すでに雨の日の…

ヒットしなかった歴史の授業②フラフト編

さて、昨日はバレーの歴史の授業がヒットしなかったことを説明した。 実は偶然にもその日はフラフトでも歴史の話をしていたが、感想文には1つもふれられたものがなく、からぶっていたのである。 あちゃ〜こちらもか・・・・。 資料をもとにしながら話したの…

「習得ー適用」型の学習から「習得・適用ー総合」型の学習へ

最近、戦術・技術の系統的指導とグループ学習指導の統一という視点にもとづく教材研究の重要性にふれる機会があった。 そのことについて、今日はメモ的に整理しておきたい。 しばらく大阪ではフラッグフットボールのグループ学習実践を探求してきた。 グルー…

フラフトの学習会に参加して(大阪GGP)

29日に大阪でNFLのフラッグフットボールの学習会に参加してきました。 講師はTさんです。 Tさんは大学生のクラブで指導をおこない、全国で2位にもなるほどのすごうでの指導者なのであった。だからといってこの情報だけで「すごい」とはおもわないのだが・…

みのお大会まとめ

お盆ですね。 ようやく1つ、論文が完成しそうです。 きっとはねかえされますが。 さて、先日おこなわれた大会のグループ学習分科会のまとめだけをメモしておきます。 今年度の成果として以下のことを今後ひきつづき考えていきたいとおもった。 ⑴大貫さんが…

実践を観察してーグループでの自主練習や実践者とのかかわり方についてかんがえたことー

3月12、13日にとある小学校の小4フラフト実践を観察してきた。夏大会でも実践報告されるものだ。 自分としてもえるものがあり、とてもいい授業だった。今回はひととおり戦術学習をおえ、グループでの自主練習をおこなう習熟時間となっていた。本時のね…

小3フラフッグフットボールの実践―「シンクロ」をキーワードに文化の学びを―

さて、岨さんの基調提案のあとは実践報告が2つありました。 1つは半崎さんのフラッグフットボールの実践(小3)です。 半崎さんの実践報告はプロジェクト・例会での実践計画づくりにはじまり、昨年の合同1月例会、大阪GGP合同プロジェクト、全国研究大会…