TAMAKOSIの日記

体育・スポーツや教育にかんしてかんがえたことを中心につづっていきます。研究会の情報も案内していきたいとおもいます。

教員の多忙化②(メモ)

働き方改革に注目とする記事がでた。 なんでも、中教審の学校における働き方改革特別部会から8月29日に、「学校における働き方改革に係る緊急提言」が出されたそうだ。 3つの緊急提言は、次のとおり。 1.校長及び教育委員会は学校において「勤務時間」を意…

行事は組織・集団の自治が中心でいい?

すっきりしないけれど、メモ 体育、行事、部活 これらを関連させるテーマは、3つの自治内容(練習・試合、組織・集団、場・環境)として提起されている。 で、こうした自治を重視するのであれば、 学校行事は、集団的な連帯感を涵養することが要領で明記さ…

学習のサイクルと認識の系列化

生涯スポーツにむけて、自分たちで運動活動を組織することができる主体をそだてる。 と、かんがえた場合、自分たちで運動学習を展開できるための思考の枠組みを獲得させていく必要がある。 たとえば、出原さんは「つまづき→課題→発見→習熟」過程を学習の対象…

体育嫌い(メモ)

体育のうらみつらみ川柳 ちょっと前に少しだけ流行したものだ。 体育嫌いの話に活用できるかもしれない。 https://twitter.com/hashtag/%E4%BD%93%E8%82%B2%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%81%A8%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%82%89%E3%81%BF%E5%B7%9D%E6%9F%B3?src=hash&lan…

教員の多忙化(メモ)

内田さんの記事 これはすごくよくまとめられているので、メモ。 内田さん、すごいなぁ。 ハトプロジェクトの資料もこういうふうに活用すればいいのか、 と参考になった。 https://news.yahoo.co.jp/byline/ryouchida/20171008-00076667/

いい動画だなぁ〜 (「山賊」に出会い開いた登山道)

うちにはテレビがないので、ネットでニュース動画を視聴している。 で、みつけたのが、 「山賊」に出会い開いた登山道 北アルプス伊藤新道 https://www.youtube.com/watch?v=DiEB8zCfiFE これ、すごくいい動画になっている。 道をひらいた先代をほこりにおも…

教授ー学習についての表現は、いとなみがみえる表現がいいのかも

11月に評価についての学習会を開催する。 それで、どんな学習の内容にするのかをかんがえている。 で、1つは、評価のおとし穴を契機にして、「評価」概念のありようをさぐるのがよいのかも。 村越(1982)さんは、評価のおとし穴が次の点にあらわれると指…

遠泳について③

今日は 和大の遠泳を観察学習しにいった。 上級生が下級生を指導し、プログラムも遠泳係が作成することになっている。 ほぼすべてにわたって自治的な学習が組織されている。 どうも、授業科目として上級生が下級生を指導することが設定されていたようだ。 な…

体育授業を考えるシンポジウム実践!?の巻

ちょっとおもしろかった取り組みを紹介。 中・高の体育教員養成課程の演習科目の授業で学生たちにシンポジウムをしてもらった。 なづけて、 すぐれた保健体育教師の大討論会 テーマは、 バレーボールの授業づくりで大切にすることは何か。 4人のすぐれた実…

遠泳実習②

遠泳実習で重要だなとおもったのは前回しめした学習内容の2つめ。 バディシステムだとおもう。 なかよくやれとか、お互いにはげましあえとか、そういうことが道徳的にならない。 海ではバディの相互援助が不可欠となるから、おしつけにはならない。 嘉納治…

遠泳実習にて①

遠泳実習、無事終了。 直前になって行動表を作成せねばならず、大変だった。。。 おおあわてで準備でき、無事成功。 今回わかったこと。 遠泳は3つの学習内容をもつ。 1つは海を理解し、状況を把握して対処すること。 潮の流れ、みちひき、ひいたときの危…

教師の願い

いつだって、そうだと思う。 教師は、 この世界で、 子どもたち(人間)が、 幸せに生きていける。 そのことをみな、ねがっているんだ。 この目標をみうしなって、実践を議論してしまってはいけないのではないか。 指導要領の「内容」にしばられてはいけない…

仕事と生活と自分と

労働しはじめて3ヶ月がたつ。 今までは修行期間で、自分の生き方と労働が結びついていた。 でも、実際に労働してみて、労働と自分の生き方は区別することで、労働に身がはいる場面もあるんだなと感じた。 やりたいことと労働が結びつかない、といいきること…

運動会は体育的行事か?

最近、体育的行事について考える機会をもらえた。 それで、「運動会は体育的行事か?」とちょっと悩んだ。 音楽科の発展の場としての校歌斉唱、運動会ソングづくりが想定されるし、図画工作の発展の場としての装飾づくりなども想定される。 「体育」的行事と…

年間計画づくり

昨日、年間計画づくりの学習会が開催され、要領改訂をふまえた今日的な課題について多様な議論がなされた。 改訂学習指導要領で着目されるカリキュラム・マネジメントでは、資質・能力の育成をふまえた目標設定、授業の設計・実施・評価・改善、校内研修の工…

体育の実技講習会案内

体育の実技講習会案内 体育同志会愛知支部 春フェスタ 日時 2017.4.29(土)場所 愛知淑徳大学長久手キャンパス 体育館・グラウンド日程 10時~16時半(うけつけ9時半、10時~全体会・分科会①~12時半、②分科会②13時半~16時、③全体会16時~16時半 分科会内…

4月1日の朝「なくなる」ことのイメージ。

今日はひさしぶりにすがすがしい朝。 天気も雲の間から日がさして、ややいい。 というのも、この4月からようやく生活が安定しそうなのです。 そして、もう1つ、死に対するこれまでの向き合い方が変化しました。 これまで毎夜、1人でいると恐怖感におそわれ…

実践分析へのこだわりを

実践づくりがおもしろいとおもえるのは、日常的に実践の議論ができる場があるからであろう。 月1回が基本で、報告・実践途中の場合に臨時開催するプロジェクトがある。 そこでは特に実践分析へのこだわりがある。実践づくりよりもこちらにこだわりがある。…

特別支援学級の体育実践(例会案内)

特別支援学級の体育実践報告案内 2月18日(土)13:30〜18:00 愛知青年会館 2016年度愛知支部2月例会は特別支援学級で担任をされているお2人の実践報告です。最初に報告する実践者の方は、肢体不自由児学級の子どもたちに「リハビリではな…

体育研究会の案内(ネット型球技・器械運動)

体育研究会の案内 淡路で、刺激的な2本の実践報告をもとに、よりよい体育実践づくりにむけた議論をしていきます。 場所:大町会館(淡路) 2月4日(土)13:30〜17:30 自分たちで「計画・実践・総括」の質を高めるホールディングバレーボール実…

実技講習会案内(球技・小学校)

大阪ですが、 1月28日(土)東小橋小学校(鶴橋駅のそば)13:00〜 「ホールディングバレーボールの実技を通しての授業研究」 3年間の実践研究からみえてきた成果と課題をふまえて実技をしながらホールディングバレーボールの授業づくりについて一緒…

12月例会案内

12月例会案内 2016年の最後の月となります12月の例会は、「体育で学校を変えたい」「体育やスポーツでみんなが仲良くなる」ことをめざして授業・生徒会・部活動の3本柱からなる教育課程編成を追求してこられた小山さんの報告から始まります。教材あり…

愛知支部11月例会まとめ

報告「子どもの変化・変容をどのように読み取るのか?」のまとめ 1.報告の前提として3つの話 ①近年障碍者をめぐる新たな条約や法律が制定される一方で、相模原市の事件のようにまだまだ人権意識の後進国となっているわが国においては、まず教師が人権意識…

研究会:特別支援学校実践報告

研究会案内(子ども理解・特別支援学校の実践) 11月23日(水)13:00〜18:00愛知青年会館(伏見駅から徒歩10分程) 大宮とも子さん(特別支援学校教諭)「子どもの変化・変容をどう読み取るのか」 堤吉郎(日本福祉大学) 「大宮実践から特…

自分たちの練習計画をたてて実践する授業

体育における学習内容に焦点をあてたら、 「わかる、できる、考える」というスローガンが頭に浮上する。 もっというと 「わかる(知識)、できる(技能)、考える(思考・創造)、生きる(価値観)」 みたいな。 ここでの考える活動をいれようとするならば、…

ホールディングバレー:4人目の位置づけについて

明日開催されるホールディングバレーボールの実践報告のための準備におわれている。 連日実践者のかたがかよってきてくれて、いきおいがすごい。 そのいきおいは、分析のおもしろさからうまれる。 実践を分析するなかで、今回、「あれ、以外とやるじゃん」と…

前期最後の授業・・・

今日は前期最後の授業であった。 科目はバレーとフラフト。 両科目とも、メッセージとしては、「道具やコート、ルールなどを工夫することでいろんなたのしみ方がうまれる」ことを理解してもらい、地域スポーツで実際にバレーやフラフトを組織する際の参考に…

例会のもち方

昨日の例会では昨今の社会・教育情勢、会の研究の到達点等を前半に学習会をした。 そして話は支部としての取り組みで「何のために」という点を本当にみんな大切だとおもっているのか?という問題提起から広がっていく。 というのも、支部テーマが近年変更さ…

練習方法を学ばせるための指導系統

これまでうまくなるための指導系統を考えてきたときに、 前の学習内容が次の学習内容にふくまれて発展されていくよう構想されることが必要となる。 フラフトなら 1:1でフェイントや相手をひきつける戦術を学習し、 2:1でブロックが出現するとともに、…

体育の学会に参加して

先日体育の学会があったのだが、刺激的であった。 友添さんが知識=「わかる」とする見方を転換するべきではないのか、という問題提起をおこなっていた。「わかる」「できる」「かかわる」といった枠組みで体育実践の目標像が描写されることがおおい。 しか…