TAMATAMA日記

体育・スポーツや教育にかんしてかんがえたことを中心につづっていきます。研究会の情報も案内していきたいとおもいます。

「時間稼ぎ」の話

いよいよ明日から体育の大きな研究大会(滋賀大会)が始まります。 まだまよっている方はぜひご参加を。 http://taiiku-doshikai.org/wordpress/wp-content/uploads/2018/05/2018_shiga.pdf さて、その滋賀大会で、学生の交通費を捻出するために、「World Cu…

中村の著書をよんで

スポーツの比較文化学をよんでいる。 それで、この本をよむと中村のスポーツへの発想がよくみえてくるなと、勉強になってくる。 おもしろいなとおもったのは、中村が日本の運動文化の中に近代を克服するような思想がふくまれていないか、という視点をもって…

実習のふりかえり

今日は教育実習のふりかえりがあった。 ディスカッションをききながら、 いろんな経験をしているんだなぁ、 学校ごとの差異を交流することが、 いろんな学校があることを理解する ことにもつながっているんだなぁ、 とかんじたりしていた。 ふりかえりの中身…

粉瘤、発見

昨日は大雨によって四国・中国地方を中心に被害がでていますね。 被害がすくないことを願います。 昨日は背中をごそごそさわっていたら、ニキビかなとおもって、さわっていたら、何やら大きい。 白くてにおいがするものがでてきた。 これはなんだろうとネッ…

前回につづき

昨日はすこしの時間だが討論をおこなった。 おおよそ肯定派が7割、どちらともいえないが1割、否定派が2割 といった様子で、おもったよりも肯定派がおおかった。 肯定派は たたかうことを放棄したわけではない、 ルール上、裏の試合結果がひっくりかえる可…

授業のこと

最近ついていないことがちょくちょくおこる。 今日はなぜか表裏逆にして服をきて通勤していた。 昨日はコンビニのコピー機に490円わすれていき、 夜ご飯をたべようとした牛丼屋では490円の請求だった。 散歩にいったら道にまよう。 実技のための道具と…

任期についてのつぶやき

今日は沖縄にいったことの話をメモしておこうとおもったら、 おもわず内心の声がもれてしまった。 任期制というのは不安定な位置づけだ。 試用期間ともとれるし、つかいすて要員ともとれる。 自分としては「つかいすて要員」という印象がつよい。 現実的には…

体育の全国研究大会(第156回大会)案内

体育の研究会が滋賀で開催されます。 taiiku-doshikai.org 今年度は入門講座もあって、初参加者の方への対応が充実しております。 体育について徹底してまなべる3日間、ぜひご参加を。 山手駅の北欧より。

スポーツ探索(2)9秒台の達成が陸上界が「文化」をみつめるあらたな門出になーれ

今回は、朝日の「9秒台は通過点」という記事。2017年12月7日。記者、篠原さん 記事にはこうかいてある。 2017年度の朝日スポーツ賞に、陸上男子100mで9秒98の日本新記録をだした桐生さんが受賞。桐生さんは9月9日の日本学生対抗選手権で…

スポーツ探索(1)体育にフットサルを導入することは反対とするサッカー協会

みなさま あけましておめでとうございます。 私はいつもこのフレーズには「無事に」というおもいがつきます。 あぁ〜ひとまず生きてる、お互いによかったですね、と。 こうして定型句の形式化を自分の中でふせごうとする意図もあるかもしれません。 さて、次…

研究者が教師の生きがいにとって弊害とならないためには?

ときどき、かんがえる。 ライフ・ワーク・バランスをどうかんがえるのか。 それは、教師にたいする研究者の役割をどのように把握するのかにも関係してくる。 かつて、授業研究をしたときに、「次はどうしたらいいですか?」と実践者に何度か質問をされたこと…

学生の声をうけて

学生から、トレーナーに進むうえで、ちゃんとしたプログラムがほしい という要望がでた。 たしかに、教職はしっかりしているけれど、トレーナー関連はあまりプログラムとしてはしっかりしていない印象をうける。 また、クラス担任制のところなので、1年生で…

卒論の指導

昨日は演習 ある方が、小学生の頃にみんな野球からはなれていったことをきっかけに、野球人気の低下についてのテーマをもってきた。 こういうとき、2つのことを大事にする。 1つは、その論文テーマを追求するうえでの、「自分にとっての意味・意義は何かを…

要領分析の経過

新要領の分析が必要になる。途中経過のメモ 新要領の問題性は、賛同できる点も多く、よくつくられていると感じる。 ・長期的な視野でみた社会をみすえていること(成熟した市民社会がないけど) ・アクティブラーニングではなく、「主体的で対話的な深い学び…

選手の気持ち

メダリストの2人が対談をしている。 https://www.youtube.com/watch?v=0-5xJQAQ0i8 ①共通点として、受動的だったことをふりかえっている。 1人の方は、コーチのいうとおりやれば勝てて、考えなかったことを述べている。一方、今は、コーチやトレーナーが変…

想いと行動をつなげることが課題?

選挙おわりましたね。 だいたい予想どおりでした。 さて、ある方から、 自分の社会観、人生観と、教材づくりがつながっていない、という問題意識をききました。 これは、共感できる部分があります。 というのも、行動の背後にある思想性みたいなのがバラつき…

教員の多忙化②(メモ)

働き方改革に注目とする記事がでた。 なんでも、中教審の学校における働き方改革特別部会から8月29日に、「学校における働き方改革に係る緊急提言」が出されたそうだ。 3つの緊急提言は、次のとおり。 1.校長及び教育委員会は学校において「勤務時間」を意…

行事は組織・集団の自治が中心でいい?

すっきりしないけれど、メモ 体育、行事、部活 これらを関連させるテーマは、3つの自治内容(練習・試合、組織・集団、場・環境)として提起されている。 で、こうした自治を重視するのであれば、 学校行事は、集団的な連帯感を涵養することが要領で明記さ…

学習のサイクルと認識の系列化

生涯スポーツにむけて、自分たちで運動活動を組織することができる主体をそだてる。 と、かんがえた場合、自分たちで運動学習を展開できるための思考の枠組みを獲得させていく必要がある。 たとえば、出原さんは「つまづき→課題→発見→習熟」過程を学習の対象…

体育嫌い(メモ)

体育のうらみつらみ川柳 ちょっと前に少しだけ流行したものだ。 体育嫌いの話に活用できるかもしれない。 https://twitter.com/hashtag/%E4%BD%93%E8%82%B2%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%81%A8%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%82%89%E3%81%BF%E5%B7%9D%E6%9F%B3?src=hash&lan…

教員の多忙化(メモ)

内田さんの記事 これはすごくよくまとめられているので、メモ。 内田さん、すごいなぁ。 ハトプロジェクトの資料もこういうふうに活用すればいいのか、 と参考になった。 https://news.yahoo.co.jp/byline/ryouchida/20171008-00076667/

いい動画だなぁ〜 (「山賊」に出会い開いた登山道)

うちにはテレビがないので、ネットでニュース動画を視聴している。 で、みつけたのが、 「山賊」に出会い開いた登山道 北アルプス伊藤新道 https://www.youtube.com/watch?v=DiEB8zCfiFE これ、すごくいい動画になっている。 道をひらいた先代をほこりにおも…

教授ー学習についての表現は、いとなみがみえる表現がいいのかも

11月に評価についての学習会を開催する。 それで、どんな学習の内容にするのかをかんがえている。 で、1つは、評価のおとし穴を契機にして、「評価」概念のありようをさぐるのがよいのかも。 村越(1982)さんは、評価のおとし穴が次の点にあらわれると指…

遠泳について③

今日は 和大の遠泳を観察学習しにいった。 上級生が下級生を指導し、プログラムも遠泳係が作成することになっている。 ほぼすべてにわたって自治的な学習が組織されている。 どうも、授業科目として上級生が下級生を指導することが設定されていたようだ。 な…

体育授業を考えるシンポジウム実践!?の巻

ちょっとおもしろかった取り組みを紹介。 中・高の体育教員養成課程の演習科目の授業で学生たちにシンポジウムをしてもらった。 なづけて、 すぐれた保健体育教師の大討論会 テーマは、 バレーボールの授業づくりで大切にすることは何か。 4人のすぐれた実…

遠泳実習②

遠泳実習で重要だなとおもったのは前回しめした学習内容の2つめ。 バディシステムだとおもう。 なかよくやれとか、お互いにはげましあえとか、そういうことが道徳的にならない。 海ではバディの相互援助が不可欠となるから、おしつけにはならない。 嘉納治…

遠泳実習にて①

遠泳実習、無事終了。 直前になって行動表を作成せねばならず、大変だった。。。 おおあわてで準備でき、無事成功。 今回わかったこと。 遠泳は3つの学習内容をもつ。 1つは海を理解し、状況を把握して対処すること。 潮の流れ、みちひき、ひいたときの危…

教師の願い

いつだって、そうだと思う。 教師は、 この世界で、 子どもたち(人間)が、 幸せに生きていける。 そのことをみな、ねがっているんだ。 この目標をみうしなって、実践を議論してしまってはいけないのではないか。 指導要領の「内容」にしばられてはいけない…

仕事と生活と自分と

労働しはじめて3ヶ月がたつ。 今までは修行期間で、自分の生き方と労働が結びついていた。 でも、実際に労働してみて、労働と自分の生き方は区別することで、労働に身がはいる場面もあるんだなと感じた。 やりたいことと労働が結びつかない、といいきること…

運動会は体育的行事か?

最近、体育的行事について考える機会をもらえた。 それで、「運動会は体育的行事か?」とちょっと悩んだ。 音楽科の発展の場としての校歌斉唱、運動会ソングづくりが想定されるし、図画工作の発展の場としての装飾づくりなども想定される。 「体育」的行事と…