TAMATAMA日記

体育・スポーツや教育にかんしてかんがえたことを中心につづっていきます。研究会の情報も案内していきたいとおもいます。

中村の著書をよんで

スポーツの比較文化学をよんでいる。

 

それで、この本をよむと中村のスポーツへの発想がよくみえてくるなと、勉強になってくる。

 

おもしろいなとおもったのは、中村が日本の運動文化の中に近代を克服するような思想がふくまれていないか、という視点をもっていることだ。

 

近代スポーツの「素直な受容」がおおい日本では、近代化する過程で、保存会に運動文化をとじこめ、発展させてきた。

 

※ちなみに、ソフトボールソフトテニスなどは「素直でない受容」に該当するのではないか、ということや、精神的自由の境地が戦時下で鍛錬主義へと変容していき、野球を代表として普及していった様相も「素直でない受容」に該当するのではないか、という疑問はある。もちろん、アメフトのように明確に別物へと変革したわけではない、という点からすると、納得はできる。だが、アメリカでもきっとラグビーはやられているはずで、「素直でない受容」と「素直な受容」は一応併存関係にあり、程度問題なのかな?ともおもった。

 

近代化を回避するその姿勢にあらわれているように、近代を克服する思想が何かあるのではないか、とみているのだ。

 

中村がなぜ日本の文化的独自性にむかったのか、その一端がみえてすこしすっきりした。

 

また、比較文化学へのつよいおもいとして、自国と他国の文化を理解しあうことができれば、スポーツによる、スポーツの平和が前進するとかんがえているようだ。

 

今回の要領も「スポーツをとおした共生社会の実現」を目標にしているが、

であるならば、文化としてのスポーツという見方に依拠し、中村が主張

するように、イギリススポーツ、アメリカスポーツ、日本の運動文化、

といったように、教材の解釈をかえ、指導内容を文化的な特性もふくむ

ものとして位置づけていくことが必要になるだろう。

ただ「みんなちがって、みんないい」ではなく、その上に、

相手を理解した上で、承認しあう関係をつくることがめざされていくべきだ。

 

その方が現代にあっている。

 

それと、やってみたいなとおもうことは、中村論から出発して、その後、現代スポーツの分析をすることだ。なんとなくだが、ゆるスポーツは勝敗を不確定にすることで、弱者を大切にし、みんながスポーツをたのしめる空間を創造しようとしている。そしてそのことは、中村がスポーツの風土で分析するように、政治意識を排除して精神的自由の境地をきわめ、「勝敗(敗者)の美学」をみいだしていった日本の風土との関係があるようにおもわれる。「近代」を批判する視点をもつ点においても、類似するようにおもう。同時に、現在、地域行政と連携して産業的に展開される多様な地域スポーツについても、何かつながるものがあるかもしれない。こうした現代日本のスポーツ展開を分析する中で、まさに日本のスポーツ風土(文化的独自性)がみえてくる、かもしれない。

 

とはいえ、それを考察する力量があるか、、。うーん、むずかしいなぁ。

 

 

さてさて、スポーツの比較文化学の著書には、中村の文化の伝播・普及をめぐる問題意識が順をおってわかるように、論考が配置されている。良書だなとおもう。

 

編者たちの力量によるものだろう。

 

f:id:think-for-themselves:20180711142514j:plain

新宿でみつけた、スペインバルと高知の混交料理だそうな。

うーん、残念ながらこれを分析するほどの力はない。

実習のふりかえり

今日は教育実習のふりかえりがあった。

 

ディスカッションをききながら、

 

いろんな経験をしているんだなぁ、

学校ごとの差異を交流することが、

いろんな学校があることを理解する

ことにもつながっているんだなぁ、

とかんじたりしていた。

 

ふりかえりの中身としては、

 

子どものこと

 発達、関係づくり、などなど

 

授業のこと

 発問、応答、子どもの反応、教材研究の仕方、事前準備の仕方、指導案、もろもろ

 

学級づくりのこと

 全日経営、生活指導、トラブル対応、行事などなど

 

学校の同僚性

 教師集団の体制、コミュニケーション、相互補助など、

 

そして、労働問題についても話題があがった。

 

子どもたちがかえった後にまた別の仕事をしているみたい、

ということで、夜おそくまで学校にのこり仕事をしなければ

ならない裁量性の労働形態への疑問がわいたようだ。

 

と、ここまでいろいろききながら、

 

「ふりかえり」では何をねらっているのだろうか、何を「ふりかえる」とよいのだろうか、このあたりがわかんないなぁとかんじた。

 

ただ「ふりかえる」、それもたしかに自分の経験から意味をたちあげる上では大切なことだとおもうし、自分の経験をまとめる意味でも大切なことだとおもう。

 

しかし、講義としてふりかえりをさせるとなると、そこにはどんな意図があるのか、ここはかんがえどころだなとおもった。

 

個人的にはやはり、教育職のあらたな魅力と価値、教育職の現実的な課題とその対策、すぐれた教育実践の共有、私のつまづきの克服方法(何をどうこれから改善していくか)、などに集約されるとよいのではないかとおもった。あと、実習であらたな自分にであった、自己理解がどうふかまったか、というのも個人的にはきいてみたいことだ。

 

ひとまず自分の経験の意味をまとめると同時に、何か経験を1つの束にまとめるような時間も設定していけたらなとおもう。

 

でも、これを会議で発言すると、、仕事がふえるしなぁ。。

 

余裕のあるときに雑談からはじめよう。

 

f:id:think-for-themselves:20180709184930j:plain

新宿の居酒屋、吟・・・名前をわすれた。とろろ飯に牛タンに本マグロにキンメのだしを使用した味噌汁にきゅうり。うまかった~。

粉瘤、発見

昨日は大雨によって四国・中国地方を中心に被害がでていますね。

 

被害がすくないことを願います。

 

昨日は背中をごそごそさわっていたら、ニキビかなとおもって、さわっていたら、何やら大きい。

 

白くてにおいがするものがでてきた。

 

これはなんだろうとネットでしらべると、

 

粉瘤だとか。

 

ネットってすごいね。

 

最終的に手術で切除するみたい。

 

手術といえば苦いおもいでが。やだなー。

 

一度つぶして穴をあけたから、中から老廃物が

でてくるんだけれど、しばらくしたらかさぶた

になって、でなくなった。

 

感染症になる危険性があるから中の老廃物をとらない

方がよいそうなのだが、かさぶたになるなら、

大丈夫なのか?とおもったりして、

やっぱりだしたくなる衝動にかられるという。。

 

こりゃ嵯峨みたいなものですかね。

 

もうちょっとだけだしておこうかなとか、

いろいろと欲求とのおりあいをつけようとしてみたり。

今のところ、まだ2度目のつぶしはしていません。

 

でも病院にいて医者につぶされるなら自分でつぶす方が

気持ちがよさそうだよなとか。

 

いやいやでもそれで袋がやぶれて炎症したら手術が

痛いよ~。それは嫌だなとか。

 

あれこれ考えてたぶん、何もさわらないで、

 

月曜日に病院にいこう。

 

粉瘤は生活習慣ではなく、体質ということなので、

またいつかでてくるのかなぁ。

 

さて、今日はドル平の指導です。

前回につづき

昨日はすこしの時間だが討論をおこなった。

 

おおよそ肯定派が7割、どちらともいえないが1割、否定派が2割

といった様子で、おもったよりも肯定派がおおかった。

 

肯定派は

 

たたかうことを放棄したわけではない、

ルール上、裏の試合結果がひっくりかえる可能性も

あったわけで、

ある意味、かけにでたということは、その意味で

たたかっていたわけで、ボール回しも戦術として

承認される。

 

というもの。

 

ここでは「ルール上、問題のあることはしていない」

という判断がある。

 

ルール上、可能であることと、やるべきことではない、ということ、

その区別をしなくてよいのか、サッカーという文化を豊かなにしていく

上では、この区別をするのがよいと私はおもう。

 

また、FPPを導入するかどうかについては、説明したこともあって、

これは検討にあたいすることは理解してもらえたとおもう。

 

では、これをどう子どもたちに教えるのか、そこが課題になる。

 

どこかの機会でルールが問題になり、そのときに学習できることなのか、

サッカーらしさの話にむかうのか、このあたりはまだ謎である。

 

いいアイディアがうかんだらまとめてみたい。

 

さて、今日は中村著作集の読解だ。

 

日本泳法再考という中村の論文を今日はよみあわせる。

この論考は、ちょっと感激をうけた。

 

今日はどんな討論になるか、たのしみだ。

授業のこと

最近ついていないことがちょくちょくおこる。

 

今日はなぜか表裏逆にして服をきて通勤していた。

 

昨日はコンビニのコピー機に490円わすれていき、

夜ご飯をたべようとした牛丼屋では490円の請求だった。

 

散歩にいったら道にまよう。

 

実技のための道具と運動着を家にわすれて通勤する。

 

目的地の実習校とは別の学校を訪問してしまう。

これはやばい。

 

そして、今日授業があることを忘却していた。

ひげをそっていない。

 

ん~、注意力がおちてきた(もとからかも)。

 

さて、今週は授業でサッカーの課題について議論できたらよい。

 

無気力試合と類似する現象が今年度は2回も発生した。

 

時間稼ぎの試合だ。

 

いわゆる女子サッカーでは対戦相手もWorldCupへの出場権を獲得できる状況で、

どちらもせめあわない状況が発生。

 

いわゆる男子サッカーでも勝ち点、得失点差で2位チームと並んだが、フェアプレイポイント(警告数)で決勝トーナメント進出が決定する状況で、対戦相手に勝ち点をとらせるかわりに、互いに時間稼ぎのプレーをおこなった。

 

論点

①時間稼ぎのプレーはフットボール文化の観点からどう解釈できるか。

②プレーを軽視し、確実な決勝トーナメント進出を選択した判断の是非。

③フェアプレーポイント(警告数)の順位決めの是非。

 

これは意見がわかれるだろうから、そこがスポーツの複雑性をよく

表面化させるよい事例となっている。

 

自由・平等・非暴力を原理として内在させて生成された近代スポーツの

代表であるフットボールでは、プレイヤーの主体性が政治的意識として

重要視されてきた経緯がある。そのため、ルールの中にフェアプレーを

成文化させることの是非がとわれる。

 

負けを経過しながらも最後は勝利する、観客のブーイングを無視して

時間稼ぎを遂行する、こうした勝利至上主義の問題もさることながら、

フットボールの文化としての形態がとわれる事例といえる。

 

多様なスポーツ観があわれてくるのかも。

どうなるかわからないが、議論をする時間を今週確保してみたい。

 

 

 

任期についてのつぶやき

今日は沖縄にいったことの話をメモしておこうとおもったら、

おもわず内心の声がもれてしまった。

 

任期制というのは不安定な位置づけだ。

 

試用期間ともとれるし、つかいすて要員ともとれる。

自分としては「つかいすて要員」という印象がつよい。

 

現実的には資金面の問題がおおきいようだ。

 

試用期間をもうけるといっても、初年次の若手だけが適用される

制度ではないため、この意味あいで導入するところはすくないだろう。

 

つかいすてと資金面の問題はかさなる。

 

人文系の予算が削減されるし、統合化のうごきも加速するなかで、

現実的には任期をつけて、やすく、当面のはたらきてを確保する。

 

将来の展望もえがけないし、責任の範囲が曖昧になることがおおきな問題だ。

 

おかみのいうことをききいれておかないと、なんてかんがえてしまう人がおおいだろう。

 

また、当然ながら良心的な任期なしの人は仕事がふえる。

仕事をバランスよく配分することができなくなるのも問題だ。

 

しかし、何よりも任期制の当事者が大切にされるべきであろう。もしこの制度を導入するならば、仕事の範囲内の明確化と先のみとおしをたてて導入するべきだ。

 

任期なしにきりかえることをにおわせて面倒な仕事をふやしていくのはよくない。

 

でも、異動がおおくなった分、異動しやすくなった、というのはあるかも。

その分、仁義の世界でなくなり、勤務地もある程度は選択していく可能性も

でてきたのかもしれない。

 

といっても、これからは実務家を推奨するようだから、そういう地方のポストもどんどん困難となっていくのだろうな。

 

徒弟として周辺的に参加するのが困難な業績になってきた、ということか。

 

任期の人がいたら、大切にしようとおもう。

体育の全国研究大会(第156回大会)案内

体育の研究会が滋賀で開催されます。

 

taiiku-doshikai.org

 

今年度は入門講座もあって、初参加者の方への対応が充実しております。

体育について徹底してまなべる3日間、ぜひご参加を。

 

f:id:think-for-themselves:20180628155618j:plain

山手駅の北欧より。