TAMAKOSIの日記

体育・スポーツや教育にかんしてかんがえたことを中心につづっていきます。研究会の情報も案内していきたいとおもいます。

スポーツ探索(2)9秒台の達成が陸上界が「文化」をみつめるあらたな門出になーれ

今回は、朝日の「9秒台は通過点」という記事。2017年12月7日。記者、篠原さん

 

記事にはこうかいてある。

 

2017年度の朝日スポーツ賞に、陸上男子100mで9秒98の日本新記録をだした桐生さんが受賞。桐生さんは9月9日の日本学生対抗選手権で日本のスプリンターではじめて「10秒の壁」を突破している。「けがを乗り越え、トレーニングを工夫し、日本陸上界の新たな地平を開いた」という。

 

<試合の映像>

https://www.youtube.com/watch?time_continue=227&v=NtSET4wzR3g

 

ところで、トレーニングの工夫、とは?

 

「坂ダッシュなど走るトレーニング以外はやりたがらなかった桐生が、筋力トレーニングに目を向けた」とのこと。

 

どうも、04年アテネ五輪の男子ハンマー投げ金メダリストの室伏さんに指導をうけて、独特のトレーニングで体幹をきたえたようだ。

 

結果、「徐々に終盤の失速が抑えられ」ていたという。

 

つまり、独特の体幹トレーニングで、終盤の失速が抑えられるようになったそう。

 

あんまり、因果関係がみえない。

 

まとめているサイトを発見。

 

テレビで放映されたようです。

 

<テレビ映像はこちら>

https://www.youtube.com/watch?v=BDS46ZAIYKg

 

観衆のどよめき、祝福の拍手が、「偉業さ」をものがたっていますね。

 

<トレーニングのまとめサイト

http://tmbi-joho.com/2017/05/02/kiryu-murohushi-training/

 

ポイントについては映像を参考に。なるほどとおもわされる。

 

おもえば、伊藤選手が10秒00をだしたときにも、初動負荷理論がもてはやされたけれど、陸上運動の記録向上の背後にあるトレーニング理論が注目されるのはよいことだとおもう。

 

単純に記録競争だけではなく、その背後の仕組みもばっちり紹介されている。

 

その意味で、実は気になったのは最後のところ、

 

「9秒台突入は通過点」ということ。

 

やっぱりそこにいきついてしまったのか、と少し残念におもった。

 

通過点というのは、技術追求や競争のおもしろさをめざす結果という意味での通過点ではなく、より速くの通過点なのであろう。

 

目標を見失った人々に、目標はまだ9秒98よりはやいタイムをだすことだよ、と暗にしめしているようで、なんだか居心地がわるい。

 

9秒台を通過したことは、もう「日本人の夢」としてタイム競争が幻想化されることがないのだなという意味で、よかったと私などはおもう。こう考える人って、結構いるのでは?

 

これによって陸上界は「文化」に着目していくあらたな門出にたつのではないか、陸上運動の技術追求やかけひきに着目した魅せ方の演出をどうしていくか、これから豊かな文化に育ってほしいなと願うのであーる。

 

 

 

 

スポーツ探索(1)体育にフットサルを導入することは反対とするサッカー協会

みなさま

 

あけましておめでとうございます。

 

私はいつもこのフレーズには「無事に」というおもいがつきます。

 

あぁ〜ひとまず生きてる、お互いによかったですね、と。

 

こうして定型句の形式化を自分の中でふせごうとする意図もあるかもしれません。

 

さて、次第にたまってきた新聞の切り抜きをみて、ふと、「スポーツ探索」シリーズをやってアウトプットしてみようとおもったので、早速1つめ。

 

今日は、12月6日(水)に朝日で掲載された、

 

体育にフットサル サッカー協会「反対」(記者:忠針さん)

 

である。

 

サッカー協会、小学校中学年(3・4年生)に体育でフットサルを導入することを反対する要望書をスポーツ庁に提出しているという。

 

もともと2008年の改訂から「サッカー型ゲーム」がなくなり、ラインサッカー、ミニサッカーが「ゴール型ゲーム」として明記されるようになった。

 

そして、 今回の指導要領改訂では、小学校中学年に従来にミニサッカーの代替教材としてフットサルが例示され、中学校では巻末参考資料に例示されていたようだ。

 

フットサルは1994年に国際サッカー連盟傘下の競技になり、今や大学でもサッカーとフットサルは同じぐらい実施されていると思う。

 

こうした動きにたいして、サッカー協会は次のように述べているそう。

 

「ミニサッカーからフットサルへの変更は学校現場の負担になる」

 

記事では次のように記述されている。

 

「しかし協会の姿勢に困惑する関係者も少なくない。スポーツ庁には「協会にはフットサルを普及する役割もあるはず」といいう反応も。協会幹部にも「ミニサッカーとの

並記を求めた方がよかった」という声がある」

 

ごもっともだとおもう。協会は要望を取り下げるか修正をしないと自ら痛手をおうのではないか。

 

この記事をみて素朴におもったこと。

 

(1)「学校現場の負担になる」という根拠がよくわからない。

  現場の声としては、サッカーを教えるのは困難だから、ミニサッカーやラインサッカー等が開発されてきているわけである。その流れでみると、サッカーより簡易化され、認識・技能が獲得されやすいフットサルが導入されるのは自然なことだとおもう。ましてや生涯スポーツの教科目標を把握したときに、フットサルでサッカーのおもしろさを味わうことで、サッカーの生涯スポーツへつながる可能性が拡大する、サッカーが生き残る、とも把握できるだろうし。

 

 もともと「ゴール型」にサッカー系の教材を工夫して導入することはおこなわれていて、これからもそれを制限するものではない以上、この要望は無意味ではないか。教師の自由裁量に制限をかけようとすることも問題。解説まで拘束力があると勘違いされてはそれこそ教育現場は困るはず。

 

(2)「スポーツ庁」の役割は何か。「スポーツ庁」となったことでスポーツ協会が教育に介入しやすい構図ができあがったのではないか。その事例が、今回の件なのではないか。

 

(3)サッカー協会には「文化としてのサッカー」から提言をすることをこころみてほしい。民俗フットボールから派生してきたアソシエーションフットボール(サッカー)とフットサルの関係はどのようなものか、イギリススポーツとして発展し、近代スポーツ化したわけだが、派生したフットサルは文化としてのフットボールの性質をどれほど学習することができる教材なのか。こうした視点から提言するなら、よいとおもう。

 

総じて、教育への政治的介入というフレーズが頭によぎる要望書だなとかんじた。

 

 

 

 

 

 

 

研究者が教師の生きがいにとって弊害とならないためには?

 

ときどき、かんがえる。

 

 

ライフ・ワーク・バランスをどうかんがえるのか。

 

 

それは、教師にたいする研究者の役割をどのように把握するのかにも関係してくる。

 

 

かつて、授業研究をしたときに、「次はどうしたらいいですか?」と実践者に何度か質問をされたことがある。

 

そのときは、「それは実践者が最後はきめることで、あくまで参考としてきいてもらいたい」といって、いくつかコメントしていた。

 

あらためてかんがえると、あのときの状況は、「教師の主体性を奪取してしまった」状態であった。

 

意見をきくとしても、参考意見をききたいのか、こたえをもとめているのか、この違いはとてもおおきい。

 

以前、教師は、子どもたちの発達やゆたかな生活を願っていて、そこによりそうことがまず、研究者にとって必要な素質なんだとブログにかいた(とおもう)。

 

それはつまり、①「実践者の学びを支援すること」であろうし、協議の場では、②「教師の願いの柱によりそって、実践をみつめ、コメントをしていくこと」を大切にする、ということ。

 

リードしすぎると、「教師の主体性をうばう」から。

 

でも、どこかで、でなきゃいけないとき、でられる人のときは、積極的にオピニオンリーダーにならなければならない。

 

この自覚は必要だ。

 

だから、「教師の学びを支援すること、教師の願いの実現にむけて支援すること」と「オピニオンリーダーになる」ことは緊張関係において把握しておく必要がある。

 

あと、もう1つ、なやましいことがある。

 

それは、これだけ多忙な社会である。

 

世界では、職員室がなくて、授業だけに教師はくる学校はたくさんある。

 

つまり、「願い」をベースにして教育実践の創造を支援していくと、ときにそれは、「働きすぎ」の実態をまねく要因になる可能性がある。

 

研究者は、一定の成果もださなければならない。

 

利害関係もときに発生する。

 

そうなると、教師を働かせすぎにさせてしまうことが危惧されるのだ。

 

よい授業はよい学校からうまれる。じゃあ、その学校づくりをどうしていくか、なんてかんがえていくと、ますます時間外労働がふえてくる。

 

研究者が支援するほど、授業研究にのめりこむこともある(そうならない場合もある)。

 

うーん、こまった。

 

研究者が教師に対する役割とはどうあるべきか。

 

それは、「労働」のありかたとともにセットでかんがえないといけないなぁ。

 

だから、「教師の生活」と「教師の労働の喜び」の関係を、どこかでみすえていないといけない、ということなのかな。

 

ひとまず、そんなところで、結論づけておこう。

 

研究者が教師の生きがいにとって弊害とならないためには、

 

(1)「教師の学びを支援すること、教師の願いの実現にむけて支援すること」と「オピニオンリーダーになる」ことは緊張関係において把握すると同時に、

 

(2)「教師の生活」と「教師の労働の喜び」の関係をみすえて、働きかける度合いを調整していく、

 

この2点をあたまにいれておこう。低成長、成熟社会へと発展する、こうしたことを念頭におきながら・・・。

 

とはいえ、すぐには「じゃあ、どうするの?」という点はみえてこないだろう。

現実は、どうしたらよいのか、まだ自分もわからない。

 

なんてったって、まず自分が安定していないから〜〜(悲)

現実は余裕のない社会だし、指針をみつけられる道のりは、きびしいですね。

学生の声をうけて

学生から、トレーナーに進むうえで、ちゃんとしたプログラムがほしい

 

という要望がでた。

 

 

たしかに、教職はしっかりしているけれど、トレーナー関連はあまりプログラムとしてはしっかりしていない印象をうける。

 

また、クラス担任制のところなので、1年生でもそういう道へ希望する方もいる。

 

となると、まずは、サークル化まではいけないかもしれないけれど、定期的に活動する学習組織をつくるほうがよさそうだとかんじた。

 

そこで、学習会をつくるのだが、なにぶん、知識がない。

まずはあつまって、情報収集からはじめようとおもう。

 

たぶん、

・マッサージ

・ストレッチ

・テーピング

・トレーニング補助

この実学の基礎を学び合う、というのが一番の内容になるのだろうか。

 

また、指導者をめざす方もいる。

そこで、

・資格の種別の理解

・労働イメージの構築

ができるような情報収集も必要になる。

 

どんな種別においては、どういう実学が関連してくるのかも吟味していこう。

 

ただ、学生たちもいそがしい。

 

そこで、「最善」とは、自分の優先順位をきめたうえで、できる範囲でとりくんだ結果のことをいう、とかんがえていこう。

 

活動水準をみきわめつつも、まずは、無理のない範囲で、最善をめざしながら、前にすすんでいくことが大事。

 

やりたいことにむけて、情報収集する学びの方が、かれらにとって学びの復権におおいに寄与してくるだろうと、ねがって。

広告を非表示にする

卒論の指導

昨日は演習

 

ある方が、小学生の頃にみんな野球からはなれていったことをきっかけに、野球人気の低下についてのテーマをもってきた。

 

こういうとき、2つのことを大事にする。

 

1つは、その論文テーマを追求するうえでの、「自分にとっての意味・意義は何かを明確にすること」。

 

どんなテーマでも自分の心の奥底にある経験がベースになっている。

 

それはたった1度の経験でも、その人の胸に刻まれたもので、そこにはわけがあるはずだ。

 

そのとき、きずついたり、感動したことであったり、実は怒っていたことであったり。

 

そういう事象には、必ず社会的な問題やほりさげるべきテーマがかくされている。

 

それで、その方の話を聞くと、はなれていったのは、指導が厳しいとか、坊主がやだとか、女の子はサッカーやっている人がすきだったとか。

 

なら、小学生のスポーツ観とか、なぜ野球は坊主にしてしまうのか、とか、女の子はなぜサッカーが好きなのか、とか、裏テーマがやはり存在することになる。

 

こうしてどんどん経験をほりさげて、自分にとっての意義や意味をみいだしてもらいたい。

 

ついでに、その方は小学生に野球指導をしている。過去の経験から、野球を好きになってもらえるためにはどうしたらよいのだろう、という問いが存在するはずだし、そのことから、どういうクラブ運営をしていけばよいのだろうと、疑問におもっているかもしれない。

 

そういうところまで自分でたどりついてくれたら、もう卒論の執筆は自己運動化するとおもう。

 

もう1つは、先行研究で、まだ明らかにしていないことを明確にすることだ。

 

これは、まぁ、一般的なことなので、深くはのべなくていい。

 

その方の場合は、人気の低下要因の先行研究をあたって、そこにオリジナルな視点を設定していく、ということ。基本は新しいことを発見するのが、研究。

 

ということで、自分にとっての意義・意味と、研究上の意味・意義がつながっていったときに、人間にとっての価値ある研究は成立するとおもう。

 

能動的な「学び」をえた学生たちは、きっと社会の豊かさと自分の人生の両面をみすえていけるのではないか。

広告を非表示にする

要領分析の経過

新要領の分析が必要になる。途中経過のメモ

 

新要領の問題性は、賛同できる点も多く、よくつくられていると感じる。

・長期的な視野でみた社会をみすえていること(成熟した市民社会がないけど)

・アクティブラーニングではなく、「主体的で対話的な深い学び」としたことで、形式化をゆるめたこと

・「知識」を活用する「思考力・判断力・表現力等」を強調し、暗記型授業から脱却

・認識面(わかる、考える)を重要視することと協同的な学習を並列させたこと(個に帰着する問題があるけど)

 しかし・・・

 

①何のための資質能力なのか?

 新学習指導要領が明示しているのは、「新しい時代に必要になる」と述べるのみ。

 その「新しい時代」とは?? → 結局は「グローバル経済競争の担い手づくり」

 ゆえに、「許容された枠内での能動化・主体化」が強要されかねない。

 

 ②「主体的で、対話的な、深い学び(アクティブラーニング)」の視点といっても、「強い個人」をもとめる傾向がぬけきれていない。

 

 ③「カリキュラムマネジメント」によって、校長のリーダーシップのもと、教師が統制されていく可能性が強い。

 

 ④3つの柱は抽象的な学力観にとどまることで、方法論の統制はないかのようにみえるが、日本の学習指導要領「体制」の中では、参考資料であるはずの「解説」や「指導資料」にもとづいて、現場の教育のあり方を制約させることになりかねない。※かつてのめあて学習のように。

 

 特に、「学びに向かう力・人間性等」は価値観の統制、態度主義教育、道徳体育にならないか注意が必要。

 

 ⑤「主体的で、対話的な、深い学び」のためには、時間や人(教員)にゆとりが必要、なのに、教育内容を削減することによるバッシングを回避するため、ふみきらなかった。小学校では英語も必修化され、道徳が教科化される・・・夏休みを短縮する学校もでてきた、はたして?

 

 ⑥そもそも、学校教員が「主体的で対話的な深い学び」をしてきたのか?

   採用試験対策、ゆとりのない教員生活、教材研究できない実態・・・。

 

(2)重要なのは・・・改革の「根っこをつかむ」こと

①「この子どもたちにとっての意味」や「学校卒業後にどんな力になるか?」という視点を大切にすること

 

 ・資質・能力ベースで本来考えなければならないことは、「汎用的スキル」以上に、「社会に開かれた教育課程」や「子どもにとっての意味」。

  → 市民的教養としてふさわしい、「内容」は何か、学習する「方法」は何かを吟味する。

 

 ・同時に、子どもたちの「生活」や「発達」課題において、どのような意味をもつのかを考えることも大事。

 

 ②「汎用的能力」としての「思考スキル」を獲得しても、「深い学び」にはならない。

 

・「汎用的能力」だけでは「うすっぺらい能力」。

 

・主体的で対話的な深い学びに到達するためには、近道や特効薬はない。

 

  →「深い学び」に向けては、「わかる」を大事にした系統的な学習を組織することが不可欠。

 

 ③「主体的で対話的な深い学び」(学習形態)は学習の「内容」によって導かれる。

 

 ・一斉に?ペアで?グループで?・・・これは学習の段階や「内容」によって導かれる。

 

 ・教具の特性も。

 

 ・「知識」を活用する学習活動なので、「考えろ」ではない。

 ※日本で確立されてきた学習集団論(グループ学習論)に学ぶ必要がある。

 

 

広告を非表示にする

選手の気持ち

 

メダリストの2人が対談をしている。

 

https://www.youtube.com/watch?v=0-5xJQAQ0i8

 

①共通点として、受動的だったことをふりかえっている。

 1人の方は、コーチのいうとおりやれば勝てて、考えなかったことを述べている。一方、今は、コーチやトレーナーが変化し、今が一番いい形であったり、考え方が変化したりという。

 

②国民が望んでるような人にならなければならないのが大変だった。

 メダルの品位みたいなものがあるそう。

 

③スポーツでえているものがおおきい。

 「がんばっている」=困難な状況をこえる。

 スポーツ選手は自分でえらんだ道でやってる。

 でも、プレッシャー、ハードな練習、耐えている状況がある。

 その姿が、困難な状況をこえようとする姿がみえやすく、共感をよぶ。

 でも、そこを全面におしだすと、自分でえらんでやってるのに、ちがってくる。

 

いずれも、結構重要なこと。

 

①コーチとの権威関係を構造的にもってしまうことの問題をどう考えたらよいのか。③選手の口から、感動物語へのノーをつきつける発言。

 

この前、選挙のときに試合があったんですね。

 

なるほど。

 

村田さんのコメントは考えられていておもしろいですね。

 

 

広告を非表示にする